日本で一番シンプルな英語講座 2014年09月
FC2ブログ

他動詞13 与える系

前回は「とる」系でしたので、今回は「与える」系です。

与える系は、これまで授与動詞(SVOO)のところでそれなりにやったと思います。また、teach、 adviceも出てきたことがありますし、 tell やsay なども情報を与えるということではそれにあたると言えます。

今回は、give がシンプルで使いがてがありながら、思ったより使われていないようなので give に絞って主な使われ方を示してみたいと思います。

give は「与える」という日本語が充てられるのが普通ですが、「与える」という「上から目線」のような日本語訳が、give の使う範囲を狭めているのかもしれません。
実際は、そういった上下関係の入らない「色のつかない」動詞と考えると使いやすくなるのではないでしょうか。

They gave the water a big tip.

彼らは、ウェイターにチップをはずんだ。

I gave him a cup.

彼にカップを渡した。

Give me the paper, please.

その紙を取ってください。

pass (手渡す)、hand(手渡す)を give の代わりに使うことできますが(そっちを使う人の方が多いかもしれません)、別に give でもいいわけです。

Give me a chance to explain about it.

それについて説明する機会をください。

Can anyone give us the answer?

どなたか、わかる人いませんか。

Can you give me her telephone number?

彼女の電話番号を教えてもらえませんか。

Can you give me your opinion on this?

この件についての意見を聞かせてください。

Please give my best regards to your family.

ご家族によろしくお伝えください。

regards は、ここでは「敬意」のこと。

If you have any suggestions, please give us.

もしご意見がありましたら、ぜひ教えてください。

I'll give you some time to think about it.

時間を取りますから、それについて考えてみてください。

Have you given the document to the office?

その書類、役所に出しましたか。

They give English lessons on Tuesdays.

火曜日に英語教室が開かれている。

He gave a good speech.

彼は、いい演説をした。

以上、繰り返しになりますが、giveの「与える」という日本語から解放されて、広く使えるようになりたいものです。

2014/09/29 10:43 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |