日本で一番シンプルな英語講座 Why do you like it?

Why do you like it?

5W1Hなどと言いますが、What When Who Whereなどでの問いはどちらかというと答えやすい問いです。
どちらかというとも答えが決まっていたり、答える範囲が狭かったりするからです。
ですから、答えに使う動詞も毎回使うものが多く、そのうちに覚えてしまうこともあるでしょう。

What is your problem?  My problem is my son.  I'm worried about my son.
What do you eat for breakfast?   I eat bread.
When is your birthday?  My birthday is May second.
When do you eat your breakfast?   Usually I eat around seven.
Who is your girlfriend?  My girlfriend is Merry.
Who did you meet last night?  I met Helen.
Where was you born?  I was born in Osaka.
Where do you swim?  I swim in the city pool.


このように、相手の問いに合わせて答えられるのも少なくないでしょう。
これに対して、

Why do you jog every day ?
Why do you hate meat?


上記のような問いでは、その理由を考えなければなりませんし、使う動詞も多種多様です。
とりあえず、Because...といって時間を稼ぎます。
このように、時間を稼ぐことは、とても大事です。
Becauseと言うことで、とりあえず「英語を声として発する」ことができ、相手は反応があったことで安心し、その間にこちらも考える余裕が生まれます。

Because... I like jogging.
Because... jogging is good for our health.
Because... jogging refreshes me.
Because... When I eat meat I feel sick.
Because... I don't think meat is good for our health.
Because... I don't like to eat high calorie foods.


ほとんどの会話は、「質問」と「答え」ですから、まず、定番の質問であるWhat When Who Whereなどのいろいろな質問のしかたと答え方を練習し(日本人同士でも全くオーケーです)、たまにWhyなどの質問でバリエーションを付けると、「飽き」からも開放されます。

Why do you like skiing?
I like skiing because when I was a child my father took me to a ski area every week.
And he taught me how to ski.  So I soon was a good skier...

Why do you hate John?
Because he is selfish.  When John and I went to Tokyo on our job trip, I suggested to him where to go, what to do but he didn't agree with me at all.


Why の質問に対しては、自分の中に答えはあるものの、その伝え方は千差万別ですので、その言い方を考えるだけでもかなり訓練になります。
言いたいことがあるのに、単語が分からなかったり、言い方が分からなかったりしてストレスを感じます。
ストレスを感じたときに辞書を調べて、「ああこういう言い方をするんだ」と確認することができれば、そうして確認したことは、単に参考書で学んだことより忘れにくいものです。

なお、辞書などで確認するだけでは、限りがありますので、少しずつでも本を読んでいれば、「こういう表現をするんだ」とたまに気づくことができます。これは、普段自分の言いたいことがあるがゆえの「もどかしさ」があるから、なおさら印象深く感じることができるわけです。


2012/05/02 10:50 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント:



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |