日本で一番シンプルな英語講座 Heで動詞が変化する時、しない時
FC2ブログ

Heで動詞が変化する時、しない時

Heの場合、

He likes her.

のように動詞が変化するのは、学習者にとってなかなか慣れにくいものです。

条件反射のように、動詞を変化させるのは、かなり英語を使い込んでいないとできないでしょう。

その意味で、初級の段階から、極端に神経質になるのは考え物です。

He makes carry.
He was tired.


彼は、カレーを(普段)作ります。
彼は、(その時)疲れていた。

Does he like sports?
What does he do in his free time?


彼はスポーツが好きですか。
彼は、暇なとき何をしていますか。

このとき、likeやdoになり、likes、doesにならないことを多くの学習者は経験的に知っています。
今回は、そのことに触れたいと思います。

文は、疑問文、否定文などの文の意味を変えるもの、過去形や未来形のように、文の時点を変えるものがあります。
また、疑問文でも、助動詞を使うもの、語順のひっくり返るもの、ひっくり返らないものがあり、そのようなことが英語の文を分かりにくいものにしています。

上の文では、なぜlikes、doesにならないのでしょうか。

Is he a good person?
What is his problem?


彼は、いい人ですか。
彼の問題は、何ですか。

疑問文だから、動詞の「原型」(変化しない形)が使われるわけではないようです。

What is this?

の形では、Whatが主語になることで(what は、単数であり、I、you、theyなどの分類に入らない)、isが決まっていますから、そのことは当たり前かもしれません。

実は、私自身ほとんど意識していなかったのですが、「助動詞がある場合動詞は原型になる」と考えれば分かりやすいようです。
昨日カナダ人の講師は、hasやdoesとlikesが同居しないのを、sは一緒にいるとけんかする、のような形で教えていましたが、あちらの小学校などではそのように教えているのかもしれません。

He の場合、すでに助動詞で変化していますので(does、hasなど)、助動詞がある場合は動詞は原型を使う、という理由なのかもしれません。

これは、皆さん確認してみてください。そんなことは当たり前で知っている、という方もいるかもしれませんが、私にとっては「目からウロコ」の発見でした。

2012/06/27 07:51 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント:



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |