日本で一番シンプルな英語講座 must
FC2ブログ

must

You must be tired.

あなたは、疲れているに違いない。

You must go.

あなたは、行かなければなりません。

上の二つの文章の must は、全く違う使われ方に感じるかもしれません。
一方、must を英和辞典で引いてみると、「助動詞」としての長い説明のあとに次のように書いています。

[名詞]絶対に必要なもの、必ずすべきこと

A computer is a must for a modern life.

コンピューターは、現代生活に欠かせない

a must book

必読書


一番最初の文の「疲れているに違いない」というのは、「絶対~だ」のニュアンスに近いのが感じられると思います。
なんとなく、その「感覚」が納得できれば、あとは理屈よりも、いろいろな文で慣れていったり、実際使ってみるのか早道です。

I must be tired. / She must be tired. / He must be tire.

I は、今日はミスが多いな。最近暑くてよく眠れないから疲れているに違いない。というような時に使えます。

It must be true.

それは、正しいに違いない。

It must be wrong.

それは、間違っているに違いない。

例えば、彼が言っていたことが正しそうだと思うときなど、こう言えばいいわけです。
一方この助動詞がないと、

It is true. / It is wrong.

それは正しい / それって間違っている

ということになります。
なかなか、そこまで言い切れないことが社会生活では多いので(カドがたったりします) must を使うシーンが多くなります。
もちろん is で言い切っても、なんら悪いことはありません。

What she said must be true.

彼女の言ったことは、正しいに違いない。

いきなり、難しい言い方になりましたが、この文の内容自体は、よく使いたくなるような言い方です。

ついでに、少しやってみると、

what I said
what I know
what I want
what I want to do


私が言ったこと
私が知っていること
私が欲しいもの
私がしたいこと

文法的に説明すると、thing that I said の thing that が what に 置き換わったことになりますが、こういったthatの役割はいつか知るとして、単純といえば単純ですので、これで使ってみるのも悪くありません。

What I know is not much.
What I want is a cat, not a dog.


私が知っていることは、多くありません。
私が欲しいのは、猫。犬ではなくて。

She must be a good/bad person.
She must love/hate him.
She must know him well.


彼女は、良い/悪い 人に違いない。
彼女は、彼を 愛している/憎んでいる に違いない。
彼女は、彼をよく知っているに違いない。





2012/09/05 07:30 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント:



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |