日本で一番シンプルな英語講座 すべきだった
FC2ブログ

すべきだった

日本語の場合「あなたはもっと勉強すべきだ」と現在のことを言う場合と、試験に落ちた相手に「あなたはもっと勉強すべきだった」と過去のことを言う場合では、「った」くらいの違いしかないので、外国人の日本語習得者にとっては、敷居が低い使い方かもしれません。

一方、英語の場合は、以下のようになります。

You should study harder.
You should have studied harder.


have studied の形は、「現在完了形」と呼ばれる用法に使われる形ですが、人によっては見るのも嫌だという人もいるかもしれません。
この、have done の形は、このように、「助動詞にプラスして過去のことをいう」ときに使われれます。
現在完了形が良くわからなかったりするときに、この「助動詞を過去のことにする役割」が混同されると、混乱だけが残りますが、この使い方はいたってシンプルです。

また、日本語でも「~すべきだった」といういいかたは、日常生活で多用されます。(日常生活は、後悔に満ちていますから) その意味では、形が難しそうに見えようが、使えるようにならなければなりません。当然ネイティブは、子供でも使っている表現ということになります。

I should have known this thing earlier.

私は、このことをもっと早く知っておくべきだった。
have+known の形です。
know-knew-known の形の、「原型、過去形、現在分詞」の変化を昔習わせられた記憶があると思いますし、この形は不規則な変化で、規則の変化は -ed が付く、というのも覚えている方も多いと思います。
known のような、不規則な形は、多くありませんので覚えていく必要があります。(なぜか、この不規則変化の動詞は、ほとんどが重要な動詞です。)
thing は、「こと」とか「もの」を表す便利な言葉です。
earlier は、early(早く) という「副詞」の比較級(「もっと~」という意味)の形です。
このように、形容詞だけでなく、副詞も比較級になります。

今回、文法用語が多く出てきていますが、最小限の文法用語は、説明する上でも理解する上でも便利ですので、我慢していただきたいと思います。

I should have asked some questions at that time.

あの時、いくつか質問をしておくべきだった。
ask は、「問う」という意味です。some は、「いくつかの」といった漠然としたものを表すときに使えます。at that time は、「あの時に」という意味ですので、とても使いやすい表現です。
ちなみに、at は、「時の時点」を表すときに使われます。(いつか前置詞の主なものは、まとめてやりたいと思います。)

You should have said so to her at that time.

あなたは、彼女にあの時そう言うべきだった。
so は、日本語と同じ「そう」という意味です。
言うべきではなかっと、いうことなら以下のようになります。

You shouldn't have said so to her at that time.

He should have ridden on that train.

彼は、その列車に乗るべきだった。

that は、「それ」でも「あれ」でもオーケーです。話し手との「共通の時」を表しています。

She should not have eaten that much.

彼女は、そんなに多く食べるべきではなかった。

前にお話したとおり、助動詞に付いた動詞は、原型になります。その流れだと思いますが、He や She の場合も、has ではなくhaveとなります。(こういった部分は、英語の面倒な部分ですが少しずつ慣れていけばいい問題です。) 


2012/09/23 07:58 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント:



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |