日本で一番シンプルな英語講座 I love * 
FC2ブログ

I love * 

前回は、「I * you.」の*の部分に何が入るかでした。

今回は、逆に I love  * . の*の部分に何が入るかを考えてみたいと思います。

I love you. の延長で考えると…
I love him. アイ ラヴ ヒム  彼が好きです。  himはheの変化であるのは、なんとなく覚えていると思います。
I love her. アイ ラヴ ハー  彼女が好きです。  herはsheの変化した形ですね。
I love my mother. アイ ラヴ マイ マザー 母が好きです。 my マイ は「私の」というのは、ご存知のはずです。 
I love Takashi. タカシが好きだ。 

ここまでは、人が好きだということですが、動物でも使えるのは納得だと思います。
I love cats.  アイ ラヴ キャッツ  猫が好き
I love dogs.  アイ ラヴ ドッグズ  犬が好き
I love animals.  アイ ラヴ アニモーズ 動物が好き

catの後ろにsが付いており、「このsは複数形のsです」と言われれば、昔習った記憶がよみがえると思いますし、sが付くことはそれほど違和感はないと思います。

でも、どうして複数形になるんだ?
実は、この辺から急に混乱してきて、「やっぱり英語は難しい」とか「やっぱり英文法はいや」となるのではないでしょうか。この複数形になるのは、いつかまとめてやる必要があると思いますが、ここでは「1匹だけ好きなわけではないので複数形になっている」ということでご了解願います。

ネコが好きなら、他にも好きなものはたくさんあります。

I love beer.  アイ ラブ ビアー  ビールが好き
I love music.  アイ ラヴ ミュージック 音楽が好き
I love movies.  アイ ラブ ムービーズ  映画が好き
I love my new car.  アイ ラヴ マイ ニュー カー 私の新車がとても気に入っている
I love my job.  アイ ラヴ マイ ジョブ 自分の仕事が好き
I love my life.  アイ ラヴ マイ ライフ  自分の生活がスキ
I love country.  アイ ラヴ カントリー  田舎が好き

あまり、複数、単数をこだわらなければ、理解できそうです。「ジョブカフェ」などジョブも日本語化しています。カントリーもそうでしょう。このパターンで日本語化している英語をアイ ラヴ にくっつければいくらでも文章は作れますし、ネイティブが使っている英語とベツモノというわけでもありません。
また、複数、単数を間違っても、最初は目くじらを立てる必要もありません。

次のようになると少しずつ複雑になっていきます。
I love your idea. アイ ラヴ ユア アイディア  君の考えはイイねぇ
I love teaching.  アイ ラヴ ティーチング  教えるのが好き
I love eating. アイ ラヴ イーティング  食べるのが好き

teachingは、 teach ティーチ にingがついています。
eatingは、 eat イートゥ にingがついています。
これ以降は、別の機会にしますが、ingがついたら「文法くさくってイヤダ」と思わず、「そんなもんなんだ」程度にしておいていいと思います。

また、「好きだ」の訳だと like ライク とどう違うの? と思う人もいると思いますが、一般的に言うとloveの方が強い、ということになると思いますが、「ネコを愛している」というのも大げさですし、日本語訳にこだわらず、できれば「訳がなくても理解できる」loveはloveだ!というのが、将来の目標です。

 

2012/01/26 19:51 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント:



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |