日本で一番シンプルな英語講座 some と any
FC2ブログ

some と any

「some は肯定文で」、「any は否定文と疑問文で」と今でも英語の教科書に書いてあると思いますが、その通りでないことは、皆さんもそうでない英文を多く見かけることがあると思いますので、頷けると思います。
ところが厄介なことに、ケンブリッジやオックスフォードから出されている英語で書かれた英語学習者用のテキストにもそのようなことが書かれています。

ただ、その方向から入っていくと、結局 some や any はあまり使えない、という事態に陥ってしまいますので、一度そのルールを忘れることがお勧めです。

some は、「何かある」ということを表しています。

There are some animals in the house.

家の中に、何かの動物が(複数)いる。

なお、それが一匹とわかっているときは、a を使います。
これは、a にも、「何か」(「これ」と決まらないもの)という意味があるからです。

There is an animal in the house.

家の中に、何かの動物が(一匹)いる。

I have some ideas.
I have an idea.


僕にアイディアが(複数)ある。
僕にアイディァが(1つ)ある。

一方、数えられないものでは、some を使います。

There is some soup in the pot.
Can you lend me some money?


なべに、スープがいくつか入っています。
お金をいくらか貸してもらえませんか。

ややこしいですが、とりあえずそんなものだと思ってください。
この辺の使い方は、無理して覚えず経験の中で自然に覚えた方がしっくりくる内容と思われます。

一方 any は、「何でもいいので何か」という意味があります。

If you have some questions, please ask me.
If you have any questions, please ask me.


もし、質問が(いくつか)あれば、聞いてください。
もし、(どんなものでも)質問があれば、聞いてください。

上の文章は、「聞き方」が違っているだけで、聞いている内容は同じです。

「どんなものでも」というのは、相手の遠慮を和らげるのによく使われる言い方です。

You can tell any opinion.
Any suggestion is OK.
We should make any products if they are useful.


どんな意見でも言ってください。
どんな提案でもオーケーです。
我々は、どんな製品でも作るべきだ、それが役立つものなら。

I'll meet anybody who can help me.

私を助けてくれる人なら、どなたにでも会います。

I'm going to meet somebody in the lobby.

ロビーで誰かに会うことになっている。(誰かがセッティングした場合など)

I need any job.

私は、(どんなものでも)仕事が必要だ。

I think you need some rest.
 
君は、休息が必要だと思うよ。

なお、こう言ってもいいわけですので、あまり some と any の使い方にプレッシャーを感じるのは得策ではありません。

I need a job.
You need rest.

2013/09/01 17:31 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント:



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |