日本で一番シンプルな英語講座 動詞 その1
FC2ブログ

動詞 その1

さて、まがりなりにも、これまで文の構成(文がどう成り立っていくか)を文型、助動詞や助詞、現在形や過去形、未来形や完了形、進行形や受動態、疑問詞や関係詞などで、また、aやthe、some やany、to do、doing、there is などで見てきました。

最上級などまだやっていない項目もあると思いますが、だいたいの基本的項目は、押さえられたと思います。

一方、それでは、大体のことが読めたり、言えたりするかというとここに大きな課題があります。

ボキャブラりーの問題です。ネイティブが自国語を話すとき、数万語を操っているといいますから、気の遠くなるような数字です。

一方、instant, influence, inter, intersection, interest, insurance, interval など、in-のところだけ見ても、日本人が知っていたり、少なくとも聞いたことのあるような単語は、ごろごろしています。
こういった、半ば日本語会話の中でも使われているような英単語を英語として使えるようにすることは、それほど難しいことでありません。そう考えると、日本人は、英語習得にかなり有利なところにいます。

また、one, two, three, four, first, second, third, January, February, March, cat, dog, desk, chair, pen, book, house, road, tree, sky, rain, John, Kim, run, swim などと知っている英単語を並べてみると(スペルはともかく)200や300、場合によっては1000くらいはすぐ出てくるはずです。

一方(一方が多くて恐縮ですが)、動詞の問題があります。
これまでの77回のブログで、例文を書いてきましたが、必ず動詞が含まれています。

誰かが、日本語は「名詞の言葉」、英語は「動詞の言葉」と言っていたような気がしますが、少なくとも英語は、主語の後ろに動詞が来て、その後ろに名詞が来たり、と動詞を中心に語順で意味を伝えていく言葉です。

どなたかが、日本語では「名詞+スル」で動詞を作れるので、本当の(?)動詞の数が圧倒的に少なく、そのことが英語学習の妨げになっている、とおっしゃっていましたが、英語では、「動詞を選択しないと文が作れない」ということがあり、もしかしたらこのことが日本人があまり話せない理由の一つ(動詞をうまく選べれない)かもしれません。

そこで、これからは、動詞のことを何回かに分けて考えていきたいと思います。

前置きが長くなりましたが、まず動詞は「他動詞」と「自動詞」に分けられることを知っている方もいるかもしれません。

I speak Japanese.
I play soccer.


私は、日本語を話します。
私は、サッカーをします。

「日本語を」や「サッカーを」のように「~を」という言葉を後ろに付ける場合、その動詞は「他動詞」になります。
ですから、SVOのタイプの文では、Vのところの動詞は、「他動詞」ということになります。
他動詞でも自動詞でもいいじゃないかと思う方もいると思いますが、少し前に述べたように、日本人が動詞がうまく使えないがゆえに英語がうまく話せない、と仮定すると動詞のしくみに気を配ることは、プラスに働くはずです。

I am tired.
The movie is tiring.
The book tires me.


私は、疲れている。
その映画は、疲れる(飽きる)。
その本は、私を疲れさせる(飽きさせる)。

I am encouraged.
The movie is encouraging.
The book encourages me.


私は、勇気づけられている。
その映画は、人を勇気づける(元気づける)。
その本は、私を勇気づける(元気づける)。

tire や encourage は、○○を「疲れさせる」「勇気づける(元気づける)」という他動詞です。
このパターンの動詞は、よく使われるので、覚えると使い勝手があります。

I am impressed.
The movie is impressive.
The book impresses me.


私は、感動した。
その映画は、感動的だ。
その本は、私を感動させる。

The book impressed me.

その本に感動した。

日本語としては、上のように言ったほうが自然ですが‥・
また、impressive のような形をとるもの tiring のような形をとるものがあり、面倒といえば面倒です。tiring も、動名詞と考えてもいいですが、それで形容詞と考えたほうが悩まなくていいかもしれません。
上で、move を使っても同じ意味を伝えられますが、The movie is moving. になります。(洒落を言っているわけではありません)

I am scared.
The movie is scaring.
The book scared me.


私は怖い。
その映画は、怖い。
その本は、怖かった。

I am embarrassed.
His behavior is embarrassing.
The Japanese policy embarrassed me.


私は、恥ずかしい。
彼の行いは、恥ずかしい。
その日本の政策は、恥ずかしかった。

I am excited.
The movie is exciting.
The book excited me.


私は、興奮した。
その映画は、興奮した。
その本に、興奮した。

I am worried.
Her injury is worrying.
What is worrying you?


私は、心配です。
彼女の怪我が心配です。
何があなたを心配させているの?(何を心配しているの?)

2013/09/16 15:25 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント:



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |