日本で一番シンプルな英語講座 他動詞 その3
FC2ブログ

他動詞 その3

今回も「人」が目的語のところに来るものです。

I made fun of her.

私は、彼女をからかった。
make fun of は、「他動詞」とは言いませんので、これは掟破りですが、「~をからかう」というとき、一般的に使われる表現だと思います。

混乱しますので、今回はこれだけしますが、このように連語で「他動詞的」に使われることが英語では相当数あると思われますので、この辺も英語を難しくしている点だと思われます。

I approached him.
I scolded my son.


私は、彼に近づいた。
私は、息子を怒った。

approached to him としたくなるところですが、(実は、私もよく間違います)toは必要ないようです。

I looked at him.
I shouted at him.


私は、彼を見た。
私は、彼に叫んだ。

これも、「他動詞」とは言えません。
approach には to が付かず、look や shout には、at などが付く、この辺がしっくりくるには、多分多くの読書などの「経験」又は反復練習などの「訓練」が必要ということになると思われます。
(ある国では英語を使うとき、そういう細かいことはあまり気にしない、という話も聞いたことはありますが‥・)

一応の説明としては、approach は、「~に近づく」と「~に」の言葉が既に含まれた動詞だということです。
また、look は、「視線を向ける」という意味と考えると、at があることで、視線を向けた先に彼がいた感じの「落ち着き感」があるような気がします。
また、shout では、shout him だと「"Him!"と叫んだ」ように一瞬聞こえるかもしれません。(シチュエーションからそう取る人はいませんが。)
最初からあまり神経質になるのは考えものですので、「そういうものがある」という認識でいいと思います。

もう一つだけ言うと、approach には、him に及ぼす「及ぼす感」が強い言葉ということだと思います。

He used me.
No, he helped you.


彼は、私を利用した。
いいえ、彼は君を助けたんだよ。

He ignores me.
No, he respects you.


彼は、私を無視している。(よく無視する)
いいえ、彼はあなた尊敬しているわ。

I caught her.

私は、彼女に追いついた。

I introduced him.
Please introduce me to him.


私は、彼を紹介した。
彼に紹介してください。

He married her.

彼は、彼女と結婚した。

2014/02/10 08:18 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント:



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |